上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.09 賛否両論
ジョニー・デップの『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を観ました。
ジョニーの歌が聴けるおいしいミュージカル映画。
確かにミュージカルなんだけど、かなり複雑な心境です
妻を略奪された男の復習劇かと思いきや、
復習と名を変えた、只の殺りくを繰り返すのも許せないけど、
それだけじゃない。
途中気持ち悪くなって直視できません
いったい何をこの映画から伝えたいのか・・・・・・。
ジョニーは好きだけど、
今回の映画は・・・・・・・観て後悔。
う・・・う~~~~~ん

これでも食べて口直しだ~~~~~~明石焼き

明石焼き  大好き


うま~~~~~っピース

美味すぎ。

三越の地下で見つけて、即注文してました、はやっにこ
そう言えば何年ぶりだろう、明石焼き。


それにしても最近小麦粉の摂取量多すぎかもガーン
広島焼き、お好み焼き、たこ焼き、明石焼き・・・・・・・・、
そして・・・・・パンに麺類。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・どくろ絵文字名を入力してください


スポンサーサイト
『プラダを着た悪魔』を観て来ました~

トレンドを発信するファッション誌の仕事場って、すごく興味があったし、

数々のブランド品を見れるだけでも楽しそうって、思って行ったんですよね。

煌びやかな世界とは対照的に、ファッション誌を作り出す人たちの仕事って、

想像する以上の、情け容赦ない過酷な労働でした。

(どの仕事にも言える事なんでしょうが。)

でも良き仕事人になるには、そうならざるを得ないのは理解できたし、

限られた時間内で、仕事をこなして行かなければならないから、

無駄のない時間の上手な使い方は、当たり前なんでしょうね。


主人公アンディは、お洒落に無関心で、

仕事に対して向き合い始める頃から、見事に変身していく様は見応えありましたよ~

プラダ、シャネル、エルメス、ドルチェ&ガッバーナ等眩いほどのアイテムを、

モデル並みのスタイルをした女優さん達が着こなし、

テキパキと働いている姿は、憧れと溜息ばかりでした。

でも仕事が楽しくなった反面、私生活が犠牲になり、

恋愛も友情もうまく行かなくなって行くのはひにくだね。

そんな主人公が悩みながら逞しく成長して行き、

優秀なアシスタントになって行くんだけど、

結局自分の夢を選択し、仕事を辞め、夢に向かって進んで行くストーリー。

この映画って、夢は持ち続け実現する事は素敵な事だよねって言う事と、

キャリアに応じてのファッションの重要さ、

それは主婦でも自覚ひとつで、日々の変化の楽しめるんだよと学んだ様に思う。

それにしてもシャネルに身を包んだ立ち姿には、衝撃的な驚き

スーパーモデルかと思う位の変身ぶり。

上質な物を着ると自然に自信が湧き、輝き始める様は、

メッチャ、惹きつけられましたね♪

ケーキでもいかが?
長々とお付き合いありがとう~。甘いものでひと休みして下さいませ~(^^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。